腰痛になりやすい人は、週に一回だけでも腰痛対策を実施してみるといいでしょう。

腰痛になりやすい人は、腰痛対策として、一定の期間対策が必要です。

妊娠中に腰痛になりやすいのはどうして?

妊娠中は、下半身の症状や腰痛になりやすいです。

妊娠すると、自分でも予期していなかった様々な体の変化に遭遇するようになるでしょう。

その中でも、腰痛で困っている人の声はとても多いです。腰痛の様子も、妊婦さんによって違いがあります。妊娠前から腰痛で「ツライ」と感じる人もいますが、妊娠を経験したら気にならなくなったという人も多いです。

妊娠後、妊娠前に腰痛になりやすかった部分と、違った部分が痛くなったご経験のある人も多いです。さらに妊娠前は腰痛になった経験がなくても、妊娠後に腰痛になりやすくなった人も大勢いらっしゃいます。

腰よりも骨盤付近が気になってしまうという人もいます。太ももやお尻の部分にしびれや痛みを感じる人もいるでしょう。

腰が重くなり、下半身がなんとなくむくんだような気がしてしまい、ポテっとなってしまう人もいます。このように、腰痛を経験した事のない人が腰痛になりやすくなってしまう事や、ウエストだけでなく、下半身や骨盤の症状を感じるようになってしまうケースもあるのです。

背中と腰のリラックス体操

妊娠前よりも体を動かす機会が少なくなってしまった場合や、腰への負担が増えてしまう時は、背中から腰にかけての筋肉が緊張しやすくなってしまいます。

そうなると骨盤の傾きにも変化が出やすくなってしまうのです。妊娠中は腰痛を予防するためにも、骨盤を動かして、腰と背中の筋肉をリラックスさせるといいでしょう。